札幌の観光スポット!大通公園を知っておこう

大通公園はどのような場所なのか

大通公園は札幌の中心部分にある公園で大通西一丁目から12丁目までの長さを持つのが特徴です。園内は花壇や芝生が多く92種類の樹木が植えられています。各種イベントも豊富に用意されていて年中楽しめる公園なのが魅力です。都市公園告示は昭和55年の6月6日で種別は特殊公園として活動を行っています。国際都市札幌のシンボル花とつどい、オアシスとフロンティアそして交流の5つのテーマを掲げたゾーンで構成されている場所です。四季折々の植物を楽しめるように企業ボランティアなどが活動を行い公園を維持しています。

イベントが豊富なので知っておこう

1年通して楽しめるのが大通公園の魅力です。冬場になるとさっぽろホワイトイルミネーションを毎年開催しているので知っておきましょう。これは大通公園一丁目から6丁目までがイルミネーションで飾られるイベントで美しい風景を作っています。幻想的なイルミネーションと白銀の雪によりほかでは味わえない雰囲気を醸し出しているのが魅力です。5月下旬になるとライラックまつりも開催、こちらはライラックの開花時期に合わせて行っているのが特徴で定期的に行っています。ガーデニング作品や花のオブジェの作品を展示するのが花フェスタです。園芸学校生の作品も展示され、花の販売もしているため花好きの方におすすめのイベントといえます。

北国の夏を思いっきり楽しみたいときはさっぽろ夏まつりを利用しましょう。昭和29年から行っているイベントでビアガーデンや盆踊りを楽しめるのが特徴です。

フラマイレーツをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です