「関ヶ原の戦い」を巡る旅は日本史ファンの間で大人気

「関ヶ原の戦い」とは?

「関ヶ原の戦い(関ヶ原の合戦)」とは、安土桃山時代末期にあたる1600年秋に起こった、日本史の中でも特に有名な合戦です。この合戦に勝利した武将はのちに江戸に本拠地を置いて幕府を開く事になり、それが今日の東京の繁栄へとつながっています。そんな日本史にとって重要な意味を持つ合戦だけに、その模様は後世に伝承されて小説・映画など様々な形で描かれてきたほか、テレビ番組でも特集されてきました。そして、岐阜県不破郡の関ケ原町内には合戦の痕跡を残す場所が数多く現存しているため、日本史好きの人達の間にはこの町へ旅行に行く人が沢山存在します。

関ヶ原町のアクセス方法

岐阜県の関ケ原は東海道新幹線の通り道となっていますが、新幹線の停車駅は存在しません。ただし、JR東海道本線の駅(関ケ原駅)は存在するため、近場から電車で来る場合は東海道新幹線を利用すればOKです。続いて、遠方から来る場合に関しては西側からだと新幹線の米原駅で東海道本線に乗り換える形になります。東側から来る場合に関しても、名古屋駅からだと遠いため米原駅から在来線で関ケ原駅に向かうほうが早く到着します。車でやってくる場合は名神高速道路に関ケ原インターがありますので、遠方からの旅行に関しては電車ではなく車を利用するほうがおすすめです。

町内には数えきれないほどの合戦関連スポットがある

日本国内では戦国時代に様々な合戦が行われてきましたが、その痕跡がほとんど残されていないような場所も存在します。一方、関ヶ原町の中には数えきれないほどの合戦関連スポットが現存するほか、中山道の関ヶ原宿関連スポットも残されています。日帰りで廻りきるのは大変なため、遠方からやってくる場合は泊りがけの旅行を計画するほうが良いでしょう。

フラマイレーツをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です